国母和宏選手について語ろう!!

サッカー協会関係者も苦笑い 国母に「あの態度はない」

バンクーバー冬季五輪スノーボード・ハーフパイプ(HP)男子代表の国母(こくぼ)和宏(21)=東海大=が、「服装の乱れ」を理由に、10日に現地で行われた選手村入村式から“退場”を命じられるという前代未聞の事態が起こった。

五輪代表と同じく、国庫から補助金を受けて活動しているのが、サッカー日本代表。国母の服装、態度を見て日本サッカー協会関係者も「あの態度はありませんね」と苦笑いした。

サッカー代表にも公式スーツがあり、「国内外問わず、代表チームとして移動の際には必ずスーツとネクタイを着用すること」が義務づけられている。日ごろ、ラフな服装のイメージがあるサッカー選手も、代表に選ばれれば、公式スーツをキチッと着こなしている。
プロ野球もチームの移動の際はスーツ着用。特に「球界の紳士たれ」を掲げる巨人は着こなしにうるさく、原監督自ら“風紀委員長”となって選手らに指導している。



02/15 18:34

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(0件)

まだありません

※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

prof



Category

Search

rss
rss2

QRコード