アッコ、沢尻口パクに「プロとしておかしい」厳しく批判!!

22日、ファッション&音楽イベント「ガールズアワード2010」で約2年8ヵ月ぶりにファンの前に姿を現した女優・沢尻エリカ(24) を、“芸能界のご意見番”和田アキ子(60)が、23日生放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で厳しく批判した。

沢尻の復帰について「コメントしたくなかったんだけど。邪魔くさい」と苦笑いするアッコ。沢尻はマイクの故障で急きょ口パクで出番をこなしたが、アッコは「信じられない、なんやねん」とバッサリ。番組内では音声を担当するPAの意見を聞くなど、様々な検証して「沢尻は最初から口パクのつもりで登場するつもりだったのでは」と結論づけた。

「歌ってないのに最後だけマイクで『ありがとう』って言うのはおかしい。マイクが故障したら、私だったらPAの会社に『何やってんの、どうしてくれんのよ』って言います、プロとして。中途半端でした」と、ステージで口パクだった沢尻を歌手として許せなかったよう。

過激な衣装については「沢尻じゃなくて“生尻”だね。この前、レディー・ガガがきたから意識したのかもしれない」と、分析した。

この日は沢尻目当ての報道陣が300人押し寄せたが、ファンは意外に冷静。大半の観客は、トリで登場した東方神起・ジュンス(23)の初ソロライブが目当てだったようだという。


05/24 08:16

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(0件)

まだありません

※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

prof



Category

Search

rss
rss2

QRコード